高専生ホサカの日記帳

Twitter:@hosaka222

夏休みの思い出のお話。

 

夏休みです。

 

 

今年の夏は前半がとても暑かったですね。

「今日は30度か!涼しいな!」と思えるくらい麻痺してしまった夏でした。

 

この夏の思い出

そんな夏ですが、この夏は「楽しむ」ことを目標としていました。今までは(今も)「なんで皆そんなに人生楽しそうなんだ・・・」と鬱病一歩手前のような人生を送っていたので。

これはもう自分をオタクにしたハルヒから学ばなければならないと思って行動に出ました。原点回帰です。

 

「夏は夏らしく、夏じみたことをしないといけないの!」

 

わたしはこの夏、久しぶりに中学の頃のお友達とポケモン映画を見に行ったり、家族でお墓参りをしたり、4人グループ(内2人は初対面)で海に行ってきたり、超ドデカひまわり畑を見に行ったり、本当にひっさしぶりに会う先輩やお仕事仲間の人と飲みに行ったり、他にもわざわざ浴衣をAmazonで買って着て花火大会に行ったりしました。ぐへへ楽しかったうへ

 

 

9月5日追記

やっぱり楽しくなんかなかった。楽しかったは楽しかったが失敗の夏だった。全ては自分の力不足。

 

過去の思い出

せっかくなので少し思い出話をしておきます。

小学生の夏の思い出というと、まだ前の家に住んでいて、2階で一人ベイブレードで遊んでいた時が印象的です。ベイも回さずに、主人公タカオがカイ、レイ、マックスと出会って冒険するところから、世界大会でバラバラになって優勝するところまで1セットで妄想するのがとても好きな時間でした。(ちなみにカイが一番好きです)

一人で「ギュイーンガガガガガ」と口で唱え、手元の何十個もあるベイを元にキャラの名前や必殺技を思い出しながら頭の中で妄想していました。(かなしい)

 

疲れたときはベイに囲まれながら寝るのですが、その際に東側の窓を開けることで、透明のレースがふわりふわりと膨らんではしぼみ、暑い部屋の中に不規則に穏やかな涼しい風が舞い込んできて、本当に心地よかったものです。

 

他にも、テレビの地上波で西遊記のドラマが流れていた時があり、宿題の合間にそれを見ながらアイスをほおばったり、マリオパーティ3の「ゆきだまゴロゴロ」に死ぬほどハマっていたり、そんな一人の思い出しか思いつかないものでした。

 

(友人はちゃんといましたよ!!!!!!!!よくミリオンモンキーズを一緒に遊んだりしました!!!!!!!!!!)