高専生ホサカの日記帳

Twitter:@hosaka222

価値観の違いのお話

「人を理解する」とはどういうことかと考えた。

 

例えばトランスジェンダーの人を理解する、障害の持っている人を理解する、貧困の人を理解する、被害者の人を理解する、加害者の人を理解する(?)……etc

 

この「理解」には何が含まれているのだろうか。「理解」でググってみた。

f:id:hosaka222:20190204213119j:image

前者は、よく学問とかを勉強するとき、または文章を読んでその意味がわかったときに使うものだろう。

対して後者は、人と人のコミュニケーションのときに使われる。上の例だとこちらが当てはまる。

 

 

コミュニケーションの失敗

さて、よく人とのコミュニケーションでは大概誰しも失敗した経験を持つと思う。それは価値観の違いなのではないかと考える。

 

A「普通これはこうするだろ!!」

B「え!??そんなこと最初に言われなきゃわかんないじゃん!!!!」

A「なんでわかんないのぉ!??(頭悪いの的な)」

そんな会話はお互いの「自分の普通」が異なり、かつ「相違の許容量」を越えたときに、怒りなり悩みなりになるわけだ。

 

「自分の普通」を変えることは難しいため、もっと他人に寛容になり、相違許容量を増やし、頑固にならないことが重要ではないかと考えた(これも難しいが)。

 

だが、自分でこれを書いてて矛盾している気もするが、「わかってくれ」というのも中々暴力的であると感じる。

 

サイコパスが刃物を持って、「この腐った世の中を変えるには君の死が必要なんだ!さあ死ね!!」

さすがにこれは寛容になれない。人に危害を加えてるという点でダメ?

 

では、親しい人が「この水素水体にいいのよ~~~~~~~~」と言っているのはどうか。残念ながら自分はこれにも寛容になれない。「今すぐにそのインチキクソゴミ偽科学をやめろ!!!!!」と叫びたくなってしまう。

 

ああどうしたものか。自分で自分に王手をかけている気分だ。

 

 

何をどうなったら「わかる」状態になるのか

 

さっきの例で、Bさんが「わかる状態」になるには

・Aの意見に100%「賛同」するまで考えが改まったら(影響を受け、または教育される、または洗脳される??)「わかる」?

・Aの意見に「なるほどそんな意見もあるのかそれもアリだな」(上よりも積極さは下)と「納得」したら「わかる」?

・Aの意見に「なるほどそんな意見もあるのか、でもやっぱ俺はこっちで行くけど君はそっちなのね」と否定するわけではないが相手を「許容」でも「わかる」???

(・「どんな意見があっても知らねえ!俺は俺の道を行く!」って聞く耳持たないのは論外)

 

「あなたのことを理解したいのに理解できない!」ってのは「100%賛同したいのに言うことが納得・許容できない!」って状態だ。

 

 

もうなにもかもがわからない

 

 

 

あたまわるわる^~

 

 

Googleカレンダーその他が便利すぎるお話。

Googleカレンダーを使い始めました。

とtttttttttttttttttttっても便利です。

 

自分はよく予定表と日記を書くのですが、予定表は手帳型でシャープペンでアナログに書くのと、日記の方はいい感じのテンプレートをダウンロードしたOneNoteで書いていました。

しかしGoogleカレンダーがあればこれ一個でそのまま完結する!!!!!!画像ものっけられる!!!!!!

 

そして何が便利かって、実際に書くまでもないような定期的な予定(何曜日のこの時間は勉強するぞ!とかルーティーン化させたいものとか)も1週間ごととか毎日とか予定を入れられ、通知も届く!!!素晴らしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

そしてGoogle+という電話帳的なサービスに誕生日を入力しておくと、毎年その人の誕生日が強調表示されている!!!!これは超便利です......。

 

そして、スマホの容量がパンパンだったのでGoogleフォトなりGoogleドライブなりへの同期設定を今更ながら行いましたっ。

 

Googleさんには頭上がりませんね。

 

 

 

Apple製品は今持ってるiPod nanoとそのイヤホンとiTunesiCloudを除いてたぶん一生使わないです。_(:3 」∠)_

 

2018年夏(7月期)に見たアニメ報告。

夏も終わり秋に入るので、ここらで2018年夏(7月期)に見ましたアニメ報告をします。

 

あっくんとカノジョ ※2クール目

あそびあそばせ

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい

異世界居酒屋 古都アイテ―リアの居酒屋のぶ ※2クール目

イナズマイレブンアレスの天秤 ※2クール目

兄に付ける薬はない!2-快把我哥帯走2-

シュタインズ・ゲートゼロ ※2クール目
じょしおちっ!

深夜!天才バカボン

ちおちゃんの通学路

中間管理職トネガワ

はたらく細胞

はねバド!

Free!-Dive to the Future-

ペルソナ5 ※2クール目

ヤマノススメサードシーズン

ゆらぎ荘の幽奈さん

ルパン三世 PART5 ※2クール目

One Roomセカンドシーズン

 

 

 

よくあるまとめサイトみたいに図々しく感想を書きますと、個人的に好きだったのは「シュタゲ」「トネガワ」「ペルソナ5」「ルパン」で、毎週ワクワクしながら安定した面白さで、非常に楽しく見ました。

 

今期で特筆すべきヤベー作品は、「嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」の1作だと思います。

ギャルゲだったら選択肢次第で普通に彼氏彼女の関係になれるような好感度の状態から始まり、毎回主人公がパンツを見たいと要求し、高感度を激下げしながら嫌な顔をされながらパンツを見せていただける。非常にぶっ飛んだ作品の一つでした。タイトル通りとは恐れ入った。

 

他にも、最近増えているメシアニメ、「居酒屋のぶ」も個人的に良い作品でした。自分が成人になって間もないので、居酒屋での食べ方、文化などを知れた作品でした。自分はPC前でご飯を食べるので、上手い飯を食べるシーンを見ながらだとより一層おいしく感じました。

 

「はねバド」も、バドをやっているシーンがぬるぬる動いて、バトルものの戦闘シーンが好きな自分としては非常に楽しめました。原作とはストーリーや人物の性格が違っていたりするそうですが、にわかアニメオタクの自分は(気にして)ないです。

 

イナズマイレブン」も一期まで見ていて(世界への挑戦編まで、GO以降は見てない)、楽しめましたが、個人的に残念だったのは、正史世界で吹雪君(行きわかれの体内に宿ったアツヤ君)が打つエターナルブリザードをこの世界のアツヤ君が打ってくれなかったり、皇帝ペンギン2号や爆熱ストームなどの技が全く違うモーションになっていたり、進化した技や新しい技でゴールを突破!ではなくテクニックを使ってノーマルシュートで点が入ったり......。厨二好きな自分としては迫力が足りず、そこはあまり面白くなかったです......。

 

 

毎回季節が更新されるたびに15±α個くらいのアニメを見ていて、ぜひこんな感じで語れるアニメを提示していくのでわたしと語り合いましょう!

 

ちなみにわたしは人生で見たアニメ全てをExcelでデータ管理していて、どのアニメを人に薦めるべきかとか、あの名言はどのアニメが初だったかとか、自分はアニメにどれだけ時間を費やしたか(どれだけ時間を無駄にしたか)の目安もSUM関数で一目でわかるので結構楽しいです。

(近々これを公開しようと思ってるんですがweb上にExcelを公開するには何を使うのがいいんでしょう?)

夏休みの思い出のお話。

 

夏休みです。

 

 

今年の夏は前半がとても暑かったですね。

「今日は30度か!涼しいな!」と思えるくらい麻痺してしまった夏でした。

 

この夏の思い出

そんな夏ですが、この夏は「楽しむ」ことを目標としていました。今までは(今も)「なんで皆そんなに人生楽しそうなんだ・・・」と鬱病一歩手前のような人生を送っていたので。

これはもう自分をオタクにしたハルヒから学ばなければならないと思って行動に出ました。原点回帰です。

 

「夏は夏らしく、夏じみたことをしないといけないの!」

 

わたしはこの夏、久しぶりに中学の頃のお友達とポケモン映画を見に行ったり、家族でお墓参りをしたり、4人グループ(内2人は初対面)で海に行ってきたり、超ドデカひまわり畑を見に行ったり、本当にひっさしぶりに会う先輩やお仕事仲間の人と飲みに行ったり、他にもわざわざ浴衣をAmazonで買って着て花火大会に行ったりしました。ぐへへ楽しかったうへ

 

 

 

 

過去の思い出

せっかくなので少し思い出話をしておきます。

小学生の夏の思い出というと、まだ前の家に住んでいて、2階で一人ベイブレードで遊んでいた時が印象的です。ベイも回さずに、主人公タカオがカイ、レイ、マックスと出会って冒険するところから、世界大会でバラバラになって優勝するところまで1セットで妄想するのがとても好きな時間でした。(ちなみにカイが一番好きです)

一人で「ギュイーンガガガガガ」と口で唱え、手元の何十個もあるベイを元にキャラの名前や必殺技を思い出しながら頭の中で妄想していました。(かなしい)

 

疲れたときはベイに囲まれながら寝るのですが、その際に東側の窓を開けることで、透明のレースがふわりふわりと膨らんではしぼみ、暑い部屋の中に不規則に穏やかな涼しい風が舞い込んできて、本当に心地よかったものです。

 

他にも、テレビの地上波で西遊記のドラマが流れていた時があり、宿題の合間にそれを見ながらアイスをほおばったり、マリオパーティ3の「ゆきだまゴロゴロ」に死ぬほどハマっていたり、そんな一人の思い出しか思いつかないものでした。

 

(友人はちゃんといましたよ!!!!!!!!よくミリオンモンキーズを一緒に遊んだりしました!!!!!!!!!!)

スピリチュアルなお話。1

訳あって業務でスピリチュアルなお話を勉強しなければならなくなったので、用語集なるものをここにまとめておきます。

 

 

基本のスピリチュアル専門用語

・ダリル・アンカ……特殊効果デザイナー、チャネラー、(スピリチュアルを産み出した諸悪の根元)

チャネリング……霊や異次元との交信を行うこと。行える者をチャネラーと言う。(2chかよ)

ニューエイジ(new age)……20世紀後半にアメリカで現れた自己意識改革思想。日本語で「精神世界」「スピリチュアル」

・バシャール(BASHAR)……地球外知的生命体。オリオン座近くの目に見えない惑星エササニに住んでいて、個人ではなく複数の意識が集まったような存在。言葉や名前を持たず、テレパシーによって意思疏通を行う。

・フィジカルマインド......潜在意識、思考、ロジック。物理的現実を体験できる。

ハイヤーマインド......自分を守る守護霊、または自らの中に存在する心(魂)。宇宙の叡智に繋がる自分の中の高い意識

 

(以上、自分の日記よりもクソ低レベルな本のP60まで)

 

はぁ......。オカルト板かな?

無気力。

所詮ブログなのでてきとうなひとことを1つ。

 

最近とてもやる気が起きない。

やらなければいけないことについて、やる気が起きない。研究とか研究とか研究とか。

こないだまではこれに就職活動も追加されていて、使命感にかられてなんとかやっと内定をとれました。

 

内定ゲット後の今はと言うと、より無気力が強くなった気がする。典型的な無気力症候群とかモラトリアム人間とかの状態のそれ。

 

「よし!やろう!」と一瞬思っても頭のどこかで「ねえ、それやる必要ある?」と思考されてしまい、行動力が削がれてしまう。

 

人生なんて無駄の連続でできているのに。

 

対策を考えねば。

色覚障害者のお話。前編

こんにちは。ホサカです。

 

このページでは色覚障害についてのお話をしようと思います。

 

それはなぜかというと、自分自身が赤色についての先天性色覚異常を持っているためです。

 

色覚障害持ちの人は生きていく上でどのような苦労をするか、そして健常者の方へぜひお願いしたいこと等をつらつらと述べていきたいと思います。

 

 

続きを読む